俳句フォト 作品

俳句フォト夏目漱石の旅

1期作品ページ2期作品ページ4期作品ページ応募要項
俳句フォト2018年夏季作品秋季作品ページ冬季作品ページ春季作品ページ
  • 特選

    特選作品

    『大小の下駄音涼し目鏡橋』

    小川裕子様(玉名市)

    ☆「大小の下駄音涼し」がよく利いている。写真も情緒があり、まとまりがいい。

  • 準特選

    準特選

    『よいとせと回す月鉾竹軋む』

    中立喜広様(京都府亀岡市)

    ☆情景が力強く描かれていて、動きのある写真とともにバランスがいい。

  • 入選

    入選

    『手水舎の柄杓ととのへ青葉風』

    山野邉 茂 様(埼玉県所沢市)

    ◎季語との斡旋がよく、句も整然としている。写真が弱いのが惜しい。

  • 入選

    入選

    『夕立の駆け往き阿蘇は山水画』

    小山京子様(玉名市)

    ◎面白い発想で写真もすばらしい。「山水画」が惜しい。

  • 奨励賞

    奨励賞

    『縄文の血の湧いてくる熱帯夜』

    多田 檀 様(大阪府高槻市)

    ○興奮が伝わる面白い句と写真です。個々の言葉に疑問が残るのが惜しい。

  • 奨励賞

    奨励賞

    『代掻きの終へて雲間に茜射す』

    晩 鐘 様(玉名市)

    ○景が美しく労働のよろこびが伝わる。「の」は「を」がいい。

  • 奨励賞

    奨励賞

    『薫風や飛沫かかりて渓渉る』

    金子 毅 様(熊本市)

    ○いい雰囲気で、涼しげな情景がある。やや平凡さが惜しい。

  • 奨励賞

    奨励賞

    『山里や青田に奔る風の波』

    のりお 様(熊本市)

    ○写生的でいい雰囲気。「山里や」を再考し、「青田を奔る」がいい。

  • 奨励賞

    奨励賞

    『文机に幽かに響く蝉しぐれ』

    仲辻真帆様(東京都葛飾区)

    ○繊細に感受していてよくできている。写真の切り取りを工夫してほしい。

  • 俳句賞

    俳句賞

    『山門を抜け石段に蝉の声』

    ひろみ 様(山鹿市)

    ○しっかりした写生句。奥の石段に光が射していればもっとよかった。

  • テーマ賞

    テーマ賞

    『青葉して香椎の杜に漱石碑』

    田中恵美子様(福岡市)

    ○穏やかにうまくまとめている。やや報告的で写真が平坦なのが惜しい。

  • 応募作品12

    『舟遊びかなはず眠る浪速かな』

    堀ノ内和夫様(奈良市)

  • 応募作品13

    『猛暑でも我往く道は無くならず』

    初霜 若葉 様(京都府木津川市)

  • 応募作品14

    『七月の空はここより巣立ち行く』

    初霜 若葉 様(京都府木津川市)

  • 応募作品15

    『水の星緑の海や草千里』

    初霜 若葉 様(京都府木津川市)

  • 応募作品16

    『代掻きやあの日の祖父と倉の馬鍬』

    晩 鐘 様(玉名市)

  • 応募作品17

    『茶屋の昼溽暑の縁に日暈かな』

    晩 鐘 様(玉名市)

  • 応募作品18

    『かなかなや少女静かになつて来し』

    多田 檀 様(大阪府高槻市)

  • 応募作品19

    『磯ひよどり鳴く清盛の兵庫の津』

    多田 檀 様(大阪府高槻市)

  • 応募作品20

    『宵宮や面に誘はれ朱の異界』

    中立喜広様(京都府亀岡市)

  • 応募作品21

    『牝を呼ぶ嘶き止まぬ競馬』

    中立喜広様(京都府亀岡市)

  • 応募作品22

    『緑陰に眠る智衆や古都の風』

    田中恵美子様(福岡市)

  • 応募作品23

    『藝大祭アート魂ぶっ飛ばせ』

    田中恵美子様(福岡市)

  • 応募作品24

    『百花敷き涼風(すずかぜ)うける月の山』

    金子 毅 様(熊本市)

  • 応募作品25

    『炎ゆる道ギンギラのタンクローリー』

    小山京子様(玉名市)

  • 応募作品26

    『外輪山昇る驟雨に茜射す』

    小山京子様(玉名市)

  • 応募作品27

    『日焼け畑目こらしてみる遺跡かな』

    さくら 様(玉名市)

  • 応募作品28

    『茜空抱く小天の夏一瞬』

    仲辻真帆様(東京都葛飾区)

  • 応募作品29

    『空洞の幹よこたえて百日紅』

    仲辻真帆様(東京都葛飾区)

  • 応募作品30

    『夏草の深き阿蘇路や迷い道』

    のりお 様(熊本市)

  • 応募作品31

    『稜線の歩み急かせる雲の峰』

    のりお 様(熊本市)

  • 応募作品32

    『城跡にまばゆく白き蓮の花』

    夢恋士様(茨城県守谷市)

  • 応募作品33

    『回廊の屋根を貫く大樹かな』

    夢恋士様(茨城県守谷市)

  • 応募作品34

    『ビル街に江戸の語り部クスノキぞ』

    夢恋士様(茨城県守谷市)

  • 応募作品35

    『溽暑かなミスト潜りて坂を行く』

    奥村弘文様(東京都世田谷区)

  • 応募作品36

    『炎天や縄文土器の炎焔かな』

    奥村弘文様(東京都世田谷区)

  • 応募作品37

    『 尋常な気候では無し暑気払』

    野島正則様(東京都板橋区)

  • 応募作品38

    『ほおずき市決め手は笑顔なりにけり』

    野島正則様(東京都板橋区)

  • 応募作品39

    『清めたる指先の濡れ夏祓?』

    野島正則様(東京都板橋区)

  • 応募作品40

    『百重なす蓮の浮葉やビルの峰』

    山野邉 茂 様(埼玉県所沢市)

  • 応募作品41

    『空蝉や隣の猫の大欠伸』

    小川裕子様(玉名市)

  • 応募作品42

    『童心に返る夜店の的落とし』

    小川裕子様(玉名市)

  • 応募作品43

    『山肌の斑な緑茶梅雨の果て』

    ひろみ 様(山鹿市)